ニューヨーク市立大学大学院センター音楽博士号プログラム/City University of New York

大学院プログラムに特化した研究機関だから、最高レベルのエキスパートを目指せます。

ニューヨーク市立大学はもちろん、アメリカ国家が誇る音楽博士号プログラム。実技のDMAと研究のPhDの2コースがあり、レベルの高さは折り紙つき。

■学校一般情報■
ニューヨーク市立大学大学院センターは、1961年に創立。ニューヨーク市立大学の博士課程を集中させた大学院で、アメリカでも珍しいシステムで実績を積んでいます。ニューヨーク・マンハッタンの中心という、立地に恵まれたキャンパスでは、人文、語学、化学、ビジネス、工学など幅広い分野において、30を超える博士プログラムを提供。それぞれの分野が、権威あるランキングにおいて、常にトップクラスの評価を受けています。政府や企業からは、専門的な研究を依頼されており、社会的な信頼が厚いのも特徴です。そのため、世界中の優秀な学生を惹き付け、現在、80カ国から集まった約4,300名もの院生が在籍しています。
音楽部門では、卒業生、在校生問わず、これまでに数々のアワード受賞者を輩出。その卓越したプログラムの1つは、演奏(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、バスーン、ピアノ、打楽器、声楽)と、作曲における、DMA学位の取得コースです。実技を重視したコースですが、分析を中心に、音楽史、音楽理論、民族音楽学からも授業を選択できる、バランスの良さが魅力です。もう1つは、音楽学、音楽理論/分析、民族音楽学、作曲における、PhD学位の取得コースです。確かな音楽知識を前提に、学生それぞれの研究対象を追求することができます。このコースは、米国学術評議会による人文社会科学系の評価で、ハーバード、イェール、プリンストンに次ぐ4位にランクインしました。また、研究論文は、クラシック界に影響力を持つなど、学術的価値の高さで知られています。このように、ニューヨーク市立大学大学院センターは、まさに最高の研究機関と言っても過言ではなく、徹底して高みを求める方にとっても、物足りなさや退屈を感じることはないでしょう。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■
City University of New York, Graduate Center, Music Doctoral Program
ニューヨーク市立大学大学院センター音楽博士号プログラム
■ジャンル■
クラシック、民族音楽学など
■専攻■
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、バスーン、ピアノ、打楽器、声楽、作曲(コンピューター・ミュージック含む)、音楽学、音楽理論/分析、民族音楽学(ジャズなど含む)
■コース■
- Graduate(大学院課程)
博士
DMA:Doctor of Musical Arts
PhD:Doctor of Philosophy
■入学時期■
秋期のみ
■コース期間■
60クレジット(約4年)
■オーディション■
DMA演奏は論文サンプル提出、事前CD審査に合格後ライブ審査あり
DMA、PhD作曲は論文サンプル、作品スコア3-4曲(可能であれば録音も)提出、面接がある場合があります
PhDは論文サンプル提出、面接がある場合があります
*申込み前に要問合せ
■入学資格■
修士、TOEFL、GRE
■卒業後の取得資格■
博士
■料金■
715ドル(1セメスター(7クレジット~)、授業料のみ)
■申込み締め切り■
1月1日、DMA演奏は前年12月1日
■その他■
(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。
(2)2012年3月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。


電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター