ロンジー音楽院/Longy School of Music

国: アメリカ合衆国 都市: アラバマ・ボストン

高い音楽教育レベルを誇る、ロンギー音楽院で学ぼう。

室内楽を中心にしたカリキュラムで、芸術的個性と音楽技術を伸ばそう。学位だけでなく、音楽教育者の資格と免許も取得可能。

■学校一般情報■
ロンギー音楽院は、ボストン交響楽団主席オ―ボエ奏者ジョージ・ロンギーによって、1915年ボストン市に設立。1930年に現在の所在地、マサチューセッツ州ケンブリッジ市に移転しました。設立以来、室内楽を中心にしたカリキュラムで、徹底的な音楽教育を行っていて、「協奏から生まれる力が、音楽研究を活発にする」という、設立者の信念を継承しています。同校の教育目標は、学生達の芸術的個性、演奏テクニック、次世代に向けてのリーダーシップの育成です。現在、アメリカ全土や23カ国からの学生約230名が在籍。講師陣は一流の現役アーティストを中心に、約150名で構成されています。講師1名に対し学生約3名という少人数クラスは大きな魅力のひとつです。
大学課程では、演奏と作曲でディプロマ取得コースを提供しています。さらに、ボストンのエマーソン大学とのジョイント・プログラムを開設。同校でのディプロマ取得コースに加え、エマーソン大学で一般教養を専攻し、ディプロマとBM学位を取得することができます。大学院課程では、演奏、作曲、ダルクローズ・リトミック、古楽、モダン・アメリカン・ミュージックでMM学位取得コースを提供。演奏に重点が置かれたディプロマ取得コースや、ダルクローズ・リトミックを専門に学ぶコースもあります。後者は、世界的に著名なスイスのジャック・ダルクローズ・インスティテュートとの提携のもと、児童音楽教育の資格や一般音楽教育の免許が取得できるというコースです。
同校の音楽図書館では、ルネサンスやバロックなどの歴史的な西洋音楽を中心とした貴重なコレクションを保管。楽譜13,000スコア、書籍5,600冊、録音ディスクは9,000枚以上など、学生達の研究に大いに役立っています。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■国/都市■
アメリカ合衆国 / アラバマ・ボストン

■学校名■
Longy School of Music
ロンギー音楽院
■ジャンル■
クラシック、モダン・アメリカン・ミュージック、ダルクローズ・リトミック
■専攻■
木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、コラボレーティブ・ピアノ、オルガン、打楽器、声楽、オペラ、作曲、モダン・アメリカン・ミュージック、音楽教育学、ダルクローズ・リトミック、室内楽、古楽
■コース■
- Undergraduate(大学課程)
ディプロマ
Undergraduate Diploma(アンダーグラデュエート・ディプロマ)
学士
Bachelor of Music(エマーソン大学とのプログラム)

- Graduate(大学院課程)
修士
Master of Music
ディプロマ
Graduate Performance Diploma(グラデュエート・パフォーマンス・ディプロマ)
Artist Diploma(アーティスト・ディプロマ)
修了証明書、免許
Dalcroze Certificate、License(ダルクローズ・サーティフィケートまたはライセンス)
■入学時期■
秋期、春期
■コース期間■
アンダーグラデュエート・ディプロマ:4年
学士:4年以上(4年+夏期1~2回など)
修士:2年
グラデュエート・パフォーマンス・ディプロマ:2年
アーティスト・ディプロマ:2年
ダルクローズ・サーティフィケート:2年
ダルクローズ・ライセンス:1年
■オーディション■
録音審査、ライブ審査
*アンダーグラデュエート・ディプロマ作曲はポートフォリオ、スキルのわかるメディアとその録音提出
*修士、グラデュエート・パフォーマンス・ディプロマ作曲はポートフォリオ、スキルのわかるメディアとその録音、分析または理論レポート提出

*アーティスト・ディプロマは事前審査用ビデオを提出
 
■入学資格■
アンダーグラデュエート・ディプロマ:高校卒業資格/TOEFL/エッセー/履歴書
修士:学士号(BM)または相当レベル/TOEFL/エッセー/履歴書
グラデュエート・パフォーマンス・ディプロマ:学士号(BM)または相当レベル/TOEFL/エッセー/履歴書
アーティスト・ディプロマ:学士号(BM)または相当レベル/TOEFL/エッセー/音楽活動実績/履歴書
ダルクローズ・サーティフィケート:学士号(BM)または相当レベル/TOEFL/エッセー/履歴書
■卒業後の取得資格■
学士、修士、ディプロマ、修了証明書、免許(ダルクローズ・リトミック)
■料金■
アンダーグラデュエート・ディプロマ:30,600ドル(1年間:12~14クレジット/セメスター、授業料のみ)
修士:30,600ドル(1年間:8~10クレジット/セメスター、授業料のみ)
グラデュエート・パフォーマンス・ディプロマ:24,600ドル(1年間:7~8クレジット/セメスター、授業料のみ)
アーティスト・ディプロマ:2012年は免除
ダルクローズ・サーティフィケート+ライセンス:23,600ドル(1年間:7~8クレジット/セメスター、授業料のみ)


■申込み締め切り■
9月21日にいったん締め切り。その後はローリングベース

■その他■
(1)ソロで活躍する音楽家、要職に付いている教育者などを多数輩出。卒業生にはピューリッツァー賞を受賞したエリオット・カーター(作曲)、アントン・クエルティ(ピアノ)などがいます。
(2)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。
(3)2012年9月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー
匿名
ロンジー音楽院/Longy School of Music
2013/01/28
私は日本の音大を卒業後ずっとピアノの勉強を続けていましたが、58歳でこのLongy(ロンジーと発音します)にGraduate Performance DiplomaのCollaborative Piano(共演ピアノ)科に入学しました。
若い時には能力・経済・家族などの問題があり留学できませんでしたが、やり残した事をしたいと思いチャレンジしました。 Longyは入学の年齢制限がなく、若い学生は勿論、仕事や家庭が落ち着いてもう一度学校で勉強したい人も受け入れる用意があります。

このLongyは小さな音楽学校ですが、それゆえに生徒全員に演奏するチャンスが多く、室内楽または声楽室内楽は最重要科目です。 ロシア・東欧・ラテンアメリカそしてアジアの生徒も多く、一緒にアンサンブルする楽しみは日本では味わえません。

私はCollaborative Piano科だったので一例をあげますと、歌手とピアニストの為のArt Song Repertoire classは大変有意義でした。 1学期毎に「ドイツ歌曲」「フランス歌曲」「イギリス・アメリカ歌曲」「スペイン・イタリア・東欧歌曲」を集中して研究するのですが、2年で実に多くの曲を知ることができます。 勿論Diction(IPA国際発音記号)や詩も学びます。 学外のゲストによるマスタークラスやコーチングも多いです。

また日本の音大にはないBody/Mindこれは音楽家の身体の故障や精神的なストレスをいかに予防し軽減するかを学ぶクラスです。 私は手に故障があったので大いに参考になりました。

ボストンのハーバード駅に学校があり、安全で美しく抜群の環境にあります。 たかが2年、されど大きな2年をLongyで過ごしたので体験談を書かせてもらいました。
人と比べない音楽を学びたい人にお薦めです。
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00~20:00 土日 10:00~18:00
休日 土日を除く祝日はお休みをいただいております。

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター