ラ・スペツィア音楽院"ジャコモ・プッチーニ"/CONSERVATORIO di LA SPEZIA giacomo puccini"

施設・課外授業・コンサート活動がバランスよく備わった音楽院。

クラスのレベルや専攻科の選択肢が広く、学生のニーズに幅広く対応。街の顔としての音楽活動も行っているほか、学内でのコンサート活動も盛ん。

■学校一般情報■
イタリア北西部の港町ラ・スペツィアにあるラ・スペツィア音楽院は、専攻学部も多く、修学期間が最小3年間から最大10年間の普通コースより、成人向けコースであるレベルI(大学レベル、3年間)やレベルII(大学院レベル、2年間)まで様々な年齢層やレベルに対応しています。学内には図書館、ITラボ、コンサートホール「プッチーニ」などの施設も充実。学内のプッチーニ・ホールではコンサート活動が盛んで、子供クラス、普通コース、レベルI、レベルIIなど、学生のレベル毎の区切りで開催され、、レベルI&IIはソロコンサートの機会が多く提供されています。毎年イタリア文化省が開催する「文化週間」での音楽活動や、市内の劇場で姉妹都市バイロイトの音楽院と共同開催されるコンサートなど、優秀な学生が学生時代から聴衆を前に演奏する機会が数多く設けられています。
臨時で開講されるセミナーは参加人数に制限のあるものもありますが、音楽院の生徒は優先して受付され、無料で受講出来ます(音楽院外からの参加者は受講費25€、2009年5月現在)。過去に開催されたセミナーの例としては、ルネッサンス及びバロック音楽(対象楽器・オルガン及びチェンバロ)等があります。マスタークラスも開講しており、不定期にプログラムが組まれ、参加者が募集されます。年度によって内容が変わりますが、2008年にはピアノ、ファゴット、ジャズ、カルテットをテーマに授業を開催。特にカルテットのマスタークラス「カルテット・ディ・フィエーゾレ」は、終了日(3日目)の夕方より、音楽院のコンサートホールで7曲を演奏、授業で得た技術や知識をすぐに披露する機会にも恵まれるなど、マスタークラスならではのオリジナル度の高い内容が好評です。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■

Conservatorio di Musica "Giacomo Puccini" La Spezia
ラ・スペツィア音楽院 "ジャコモ・プッチーニ"
■ジャンル■

クラシック、ジャズ
■専攻■

木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、ハープ、ギター、オルガン、チェンバロ、声楽、打楽器、音楽理論、作曲、合唱指揮、音楽史、ジャズ
■コース■

CORSO ORDINARIO(普通コース)
TRIENNIO SPERIMENTALE DI I° LIVELLO(レベルI)
BIENNIO SPERIMENTALE DI II° LIVELLO(レベルII)
■入学時期■

11月
■コース期間■

普通コース:3~10年間
レベルI :3年間
レベルII:2年間
■オーディション■

あり
■入学資格■

レベルI :高校卒業資格
レベルII:高校卒業資格、初等コースディプロマまたは同等レベル、イタリア語
■卒業後の取得資格■

普通コース:Diploma
レベルI :Diploma Accademico di I° Livello
レベルII:Diploma Accademico di II° Livello
■料金■

普通コース:250-350ユーロ
レベルI:350ユーロ、700ユーロ(ジャズ)
レベルII:800ユーロ、1000ユーロ(コーラス指揮)
*授業料のみ、1年間
■申込み締め切り■

7月9日
■その他■

オルガンやチェンバロのセミナーでは、エドアルド・ベロッティ、ステファノ・イノテェンティなどが、また、2009年度ピアノのマスタークラスでは、ジェフリー・スワンが講師を務めるなど、国際的に評価の高い音楽家との接点も多いのが魅力です。
(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。
(2)2011年7月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。


電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター