キール大学音楽学部/Keele University Department of Music

演奏、テクノロジー、音楽研究・・・幅広い選択授業を提供するキール大学音楽学部。

学業についてはもちろん、経済的な問題から個人的な悩みまで、留学生サポートが充実。緑に囲まれた静かな環境で、快適な学生生活を送れます。
■学校一般情報■
キール大学は、1949年にノース・スタッフォードシャー・カレッジ大学として創立。1962年にキール大学の名で新たにスタートしました。現在、9,000名以上の学生が在籍。高い教育の質と強固なコミュニティ精神を誇り、大学ランキングでは素晴らしい評価を得ています。音楽学部は、1973年に設立以来、音楽活動や専門研究が認められ、国際的な知名度もアップ。同校で学ぶことを希望する学生も年々増加しています。
大学課程では、音楽全般とミュージック・テクノロジーでBA学位の取得コースを提供。音楽全般では演奏、作曲、音楽学を、ミュージック・テクノロジーでは、ソニック・アート作曲、サウンド・レコーディング、サウンド・デザインを学びます。どちらも、器楽レッスンやアンサンブル、映画音楽、サウンド・レコーディング、音響など、幅広い分野から授業選択が可能です。また、オーケストラ、合唱、コンサート・バンドに参加して単位を取得できるのも魅力でしょう。その他、音楽+ミュージック・テクノロジーや、音楽+他専攻を学ぶコンビネーションも可能です。大学院課程では、作曲、演奏、ミュージック・テクノロジーなど、学生それぞれの研究においてMRes学位の取得コースを提供。さらに、作曲、音楽学、ミュージック・テクノロジー、演奏でMPhil、PhD学位を取得することができます。
教育と研究の中核を担うのは、コンテンポラリー音楽ですが、演奏や作曲はもちろん、ポピュラー音楽やフランス音楽、映画音楽など、さまざまな授業を展開。この同校のオールラウンドなプログラムを修了した卒業生達は、広告代理店、オーケストラ、BBC、芸術協会、教育機関で活躍しています。イギリスで最も広く美しいキャンパスで、将来を見据えながら、充実した学生生活を送ることができるでしょう。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■

Keele University, School of Humanities, Music Department
キール大学音楽学部
■ジャンル■
クラシック、ポピュラー音楽、ミュージック・テクノロジーなど
■専攻■
演奏(器楽、声楽)、作曲、音楽学、ポピュラー音楽、ミュージック・テクノロジー、ソニック・アート作曲、サウンド・レコーディング、サウンド・デザインなど
■コース■
- Undergraduate(大学課程)
学士
BA(Hons):Bachelor of Arts
*音楽+他専攻との複数専攻はBSc(Hons):Bachelor of Scienceなど

- Postgraduate(大学院課程)
修士
MRes:Master of Research
修士/博士
MPhil/PhD:Master of Philosophy/Doctor of Philosophy
■入学時期■
9月
■コース期間■
学士:3年
修士(MRes):1年
■オーディション■
なし(音楽スキルや知識についての提出あり)
修士(MRes)は志望動機提出
MPhil/PhDは応募前に要問い合わせ
■入学資格■
学士:高校卒業資格、TOEFL/IELTS/ケンブリッジ英検など
修士:学士、TOEFL/IELTS/ケンブリッジ英検など
博士:修士、TOEFL/IELTS/ケンブリッジ英検など
■卒業後の取得資格■
学士、修士、博士
■料金■
学士:9,900ポンド(1年間、授業料のみ)
修士(MRes, MPhil)、博士:10,000ポンド(1年間、授業料のみ)
*2011年度
■申込み締め切り■
学士:1月15日
修士、博士:年間を通して受付
*2011年度
■その他■
(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。
(2)この情報は、2011年9月5日現在です。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター