チューリッヒ高等音楽院/Züricher Hochschule der Künste

スイス最大規模の芸術大学。最前線の音楽教育で、これからの音楽を手に入れよう!

卒業生には、オーレル・ニコレ、オトマール・シェック、エルンスト・ヘフリガー、神尾真由子など、名音楽家がズラリ。

■学校一般情報■
チューリッヒ高等音楽院は、1870年代創立のチューリッヒ音楽院とウインタートウル音楽院、1977年創立のチューリッヒ・ジャズ・スクールなど、さまざまな音楽学校との統合を繰り返してきました。そして、1999年にチューリッヒ音楽演劇大学の一部に編成され、2007年にチューリッヒ芸術大学の音楽学部となりました。コンサートホール、劇場、ギャラリー、博物館などの文化施設や、インターナショナル・オフィスなどを併設し、恵まれた設備環境もスイス随一。現在、約650名の学生が在籍しています。豪華な講師陣には、伊藤英(ピアノ)、岩井美子(ピアノ)など日本人講師をはじめ、ヨハネス・デーゲン(チェロ)、オメロ・フランセシュ(ピアノ)、ミシャ・グロイエル(ホルン)、トーマス・インデアミューレ(オーボエ)、ザハール・ブロン(ヴァイオリン)などがいます。
同校の学士課程は、3年間でBA学位取得を目指します。専攻は、①クラシック器楽・声楽実技、②ジャズ&ポップス器楽・声楽実技、③中学・高校教員養成、④指揮、⑤作曲・音楽理論、⑥サウンド・エンジニアリング・音マイスター、⑦3~12歳対象リトミック教員養成です。修士課程への進級はもちろん、オーケストラ、アンサンブルでの演奏、教育機関でのアシスタントが許可されています。学士課程のうちからセミプロとして活動できるのは、同校の特徴であり、大きな魅力と言えるでしょう。
また、修士課程では2年間でMA学位取得を目指します。専攻は、①音楽教育学分野:器楽・声楽実技の中学・高校教員、学習プロセスの中学・高校・大学教員、リトミック教育養成、②演奏分野:器楽・声楽実技、指揮、教会音楽、③音楽専門実技分野:ソリスト、アンサンブル、指揮、オペラ、④作曲・音楽理論分野:作曲・音楽理論(作曲、舞台音楽、音楽理論)、作曲・メディアテクノロジーです。エレクトロ・アコースティックや、サウンド・エンジニアリング、メディア音楽、ジャズ・アレンジなど、現代の音楽ジャンルも充実しています。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■

Zürcher Hochschule der Künste, Departement Musik
チューリッヒ高等音楽院(チューリッヒ芸術大学音楽学部)
■ジャンル■

クラシック、ジャズ、ポップス、メディアテクノロジー、サウンド・エンジニアリング
■専攻■

木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、ギター、ハープ、オルガン、チェンバロ、アコーディオン、古楽器、打楽器、声楽、音楽教育学、ジャズ、ジャズ楽器、作曲、アレンジメント、ポップス、メディア音楽、音楽理論、リトミック、指揮、メディアテクノロジー、サウンド・エンジニアリング、エレクトロ・アコースティック、アンサンブル
■コース■

- 学士課程
BA:Bachelor of Arts

- 修士課程
MA:Master of Arts
■入学時期■

9月
■コース期間■

学士:3年
修士:2年
■オーディション■

あり
*学士、修士ともに手書きの履歴、志望動機をドイツ語で提出
*学士、修士ともにサウンド・エンジニアリングはオーディオグラム提出
*学士、修士ともに作曲はオリジナルスコア、その録音、説明文提出
■入学資格■

学士:高校卒業資格、ドイツ語(英語もできれば尚可)
修士:学士、ドイツ語(英語もできれば尚可)
*語学力が不十分でも入学許可される場合があります
■卒業後の取得資格■

学士、修士
■料金■

892.2CHF(1セメスター、授業料のみ)+外国人追加料金500CHF
■申込み締め切り■

4月1日
■その他■

(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。
(2)2010年1月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。


電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター