イタリア共和国

イタリア国旗ブーツ型で有名なイタリア半島の国土は、301, 278平方キロメートル(日本の4/5)を有している。ごつごつした山の多い国で、南西にはサルデーニャとシチリアの大きな島がある。夢のような光を放ち 豪勢なイタリアの風景は、時として多くのロマンスを生んできた。3000年の歴史と、文化、料理などは多くの人の心を打つ。16世紀にイタリア人が観光を 発明したとも言われるが、今我々を魅了するのは車、ファッション、絵画、彫刻、建築、オペラ、料理などではないだろうか。イタリアでは見るものも行くとこ ろも非常の多い。アルプスでスキーもできれば、ルネッサンス街フィレンツェ、ローマの遺跡巡り、運河下りのベネチア、ファッションのミラノ、シエナ、トリ ノ、ナポリ、バチカンなど見所はたくさんあるので一度は訪れてみたい。

基本情報
正式国名&英語表記 イタリア共和国(Republic of Italy)
首都 ローマ
面積 30.1万km2(日本の約5分の4)
人口 5,784万人(2001年)
人種 歴史的に諸民族が混合しており、明確に定義できないが、中心は地中海人種。
言語 イタリア語(地域により独、仏語等少数言語あり)
宗教 キリスト教(カトリック)が国民の約97%。
その他、キリスト教(プロテスタント)、ユダヤ教、イスラム教、仏教。
通貨 ユーロ
為替レート 1ユーロ=約135.8円(2005年5月29日)
紙幣 5、10、20、50、100、200、500ユーロの七種類
硬貨 1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロの八種類(1ユーロは100セント)
電圧 230V、50Hz
時差 マイナス8時間。サマータイム実施期間は、7時間の時差。サマータイムの実施期間は、3月の最終日曜から10月の最終土曜日まで。ただし、変更される年もある。
祝日 1/1 元旦 Ca Podanno、1/6 御公現の祝日 Epifania、●3/27 復活祭 Pasqua、●3/28 復活祭の翌日、4/25 イタリア解放記念日、5/1 メーデー、6/2 共和国建国記念日、8/15 聖母被昇天祭、11/1 諸聖人の日、12/8 聖母無原罪の御宿りの日、12/25 クリスマス、12/26 聖ステーファノの日。
主要な都市の守護聖人の祝日 4/25 ヴェネツィア、6/24 フィレンツェ、ジェノヴァ、トリノ、6/29 ローマ、7/15 パレルモ、9/19 ナポリ、10/4 ボローニャ、12/6 バーリ、12/7 ミラノ
●=移動祝祭日
在留邦人数 8,590人(2003年10月現在)
電話国番号 39
緊急電話番号 国家警察(救急車要請も可):113、郡警察(救急車要請も可):112、消防署:115/112、救急車:118/112

物価
ユーロ導入により物価は急上昇している。ユーロが高いこともあり割安感はほとんどない。
GDP 1兆4554億米ドル(2003年:OECD)
一人当たりGDP
20,400米ドル(2002年:OECD)
経済成長率
2001年1.8%、2002年0.4%、2003年0.3%、2004年1.5%(欧州委)
物価上昇率
2001年2.3%、2002年2.6%、2003年2.8%、2004年2.3%(欧州委)
失業率
2001年9.4%、2002年9.0%、2003年8.8%、2004年8.8%(欧州委)
主要貿易品目
(1)輸出:車両、同部品、靴、機械、家庭用品
(2)輸入:車両、原油、コンピューター、化学製品、鉄鋼
主要貿易相手国
(1)輸出 独(13.7%)、仏(12.1%)、米(9.8%)
(2)輸入 独(17.8%)、仏(11.3%)、蘭(5.9%)

気候
イタリアは日本より緯度が高い。東京とローマの気候はほぼ同じ。地中海性気候により、南は暑く乾燥し、冬は寒い。北はアルプス山脈に囲われ寒く、夏は非常に心地よい。イタリアは日本と同様に四季がきちんとある。イタリアは4-5月の春と10月-11月の秋がベストシーズンといえる。このシーズンでは、景色も非常に美しく、気温も適温だ。そして観光客も少なくなるのでゆっくりと旅をすることができる。もし可能ならば8月は避けた方が良さそう。この時期はほとんどのイタリア人がバケーションをとるため多くの店やビジネスがクローズしてしまう。お目当ての所も休みな場合も多いからだ。
現在の天気
Click for Rome, Italy ForecastClick for Milan, Italy ForecastClick for Florence, Italy Forecast

ビザ 90日以内の滞在には不要。留学や仕事でイタリアに90日以上滞在する場合はビザと現地での滞在登録が必要。学生ビザについてはこちら
パスポート イタリアから日本へ帰国する時点で有効期限の残り期間が90日以上残っている必要がある。

大使館などの在日政府機関
イタリア大使館 〒108-8302 港区三田2丁目5-4
Tel:03-3453-5291/6
管轄区域:青森県、秋田県、千葉県、福島県、群馬県、北海道、茨城県、岩手県、神奈川県、宮城県、新潟県、長野県、埼玉県、静岡県、栃木県、東京都、山形県、山梨県
在大阪イタリア総領事館 Consulate-General of Italy in Osaka
〒540-6131 大阪市中央区城見2丁目1-61 ツイン21 MIDタワー31階
Tel: 06-6949-2970
管轄区域:愛知県、愛媛県、福井県、福岡県、岐阜県、広島県、兵庫県、石川県、香川県、鹿児島県、高知県、京都府、熊本県、三重県、宮崎県、長崎県、奈良県、岡山県、沖縄県、大分県、大阪府、佐賀県、滋賀県、島根県、徳島県、鳥取県、富山県、和歌山県、山口県
在京都イタリア名誉総領事館 Honorary Consulate-General of Itary in Kyoto
〒602-8688 京都市上京区小川通寺之内上ル (財)裏千家今日庵内
Tel: 075-431-3111
在福岡イタリア名誉領事館 Honorary Consulate of Italy in Fukuoka
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4−3−18 九州カード(株) 内
Tel: 092-452-4520
イタリア政府観光局 〒107-0062 東京都港区南青山2-7-14
TEL 03-3478-2051
FAX 03-3479-9356
営業時間 月から金 9:30〜17:30
休業日 土 日 祝祭日 年末年始

現地日本大使館
在イタリア大使館 Ambasciata del Giappone
Via Quintino Sella, 60 00187 Roma, Italia
Tel: (39) 06487991
Fax: (39) 064873316
在イタリア大使館は、在アルバニア大使館、在サンマリノ大使館、在マルタ大使館を兼轄する。
在ミラノ総領事館 Consolato Generale del Giappone
Via Privata Cesare Mangili, 2/4, 20121, Milano, Italia
Tel: (39) 026241141
Fax: (39) 026597201

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター