ローザンヌ高等音楽院/Haute École de Musique de Lausanne (HEMU)

一流講師陣から受け取ったエッセンスで、あなたが「感動」を作り上げる。

世界一流のゲスト指揮者を迎え、プロ顔負けのレパートリーを誇る学生オーケストラで、ブラコン、ドヴォコン、ショスコン、そして20世紀音楽を演奏しよう。

■学校一般情報■
1861年創立のローザンヌ音楽院は、現在、音楽基礎を学ぶローザンヌ音楽院と、プロの音楽家や音楽関連の就職を目指す同校とに分かれています。
クラシック部門の学士課程は、3年間でBA取得を目指します。内容は、①演奏(器楽/声楽)、②オーケストラ、アンサンブル、室内楽、現代音楽アトリエ活動、身体実習、第二楽器、合唱などの実習、③ソルフェージュ、和声・対位法、楽曲分析、音楽史などの講義、④修士課程への指導です。
修士課程は、2年間でMA取得を目指します。専攻は、①音楽教育学(心理学/教育学/教授法/教育実習など)、②演奏(コンサート演奏家/オーケストラ団員/伴奏家/オーケストラ指揮者/弦楽アンサンブル指揮者/宗教音楽家など)、③スペシャリスト(ソリスト/オペラ声楽家)。理論、即興など補足的な専門指導や講座も行われています。
ジャズ部門は、ジャズとクラシック両方の音楽講師からの指導が魅力でしょう。学士課程では、アンサンブル、ジャズ理論(和声/作曲/アレンジメント/ジャズ史/MAO:PCでの情報処理)、修士課程への指導が行われています。修士課程は2009年秋からスタートした新しいプログラムです。教育、演奏、作曲&アレンジの3専攻があります。MA取得後の継続課程として、クラシックとジャズの両方の分野で、上級資格コースも提供しています。
アトリエと呼ばれる音楽活動では、オーケストラまたはアンサンブルを用い、著名な指揮者を招いて手作りのオペラを上演。このアトリエは、毎年ジュネーヴ高等音楽院と共同で行っています。また弦楽器の学生は、同校講師ピエール・アモイヤル率いる室内合奏団「カメラータ・ドゥ・ローザンヌ」に参加することができます。学生オーケストラは、ジョナサン・ダーリントン、オマル・ゾボリ、ステファン・アスバリー、ジュリアーノ・カルミニョーラ、トン・コープマンなどを指揮に招いています。数多くのコンサートで演奏することは、貴重な経験となることでしょう。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■

Haute École de Musique de Lausanne
ローザンヌ高等音楽院
■ジャンル■

クラシック、ジャズ
■専攻■

木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、ギター、ハープ、オルガン、チェンバロ、アコーディオン、打楽器、声楽、音楽教育学、作曲、指揮、ジャズ(ヴォーカル、ピアノ、アコーディオン、ヴァオイリン、コントラバス、ギター、ベース、フルート、サックス、トランペット、トロンボーン、パーカッション、ヴィブラフォーン、音楽教育学、作曲&アレンジ)
■コース■

- 学士課程
BA:Bachelor of Arts

- 修士課程
MA:Master of Arts

- 継続課程
修士
MAS:Master Postgrade(Master of Advanced Studies)
ディプロマ
DAS:Diploma of Advanced Studies
修了証明書
CAS:Certificate of Advanced Studies
CAS:Certificate of Advanced Studies
■入学時期■

9月
■コース期間■

学士:3年
修士:2年
■オーディション■

あり
■入学資格■

学士:高校卒業資格、最低限のフランス語
修士:学士、最低限のフランス語
*年齢制限なし
■卒業後の取得資格■

学士、修士、ディプロマ、修了証明書
■料金■

1,000CHF(1年間、授業料のみ)
■申込み締め切り■

3月15日
■その他■

(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください。(2)2010年1月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。


電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター