アレッサンドリア音楽院"アントニオ・ヴィヴァルディ"/Conservatorio di Musica “Antonio Vivaldi” di Alessandria"

学生・音楽院両方の未来を見据え、常に前進していく音楽院

動いていく時代に伴い、必要に応じて的確に授業内容などを調整するアレッサンドリア音楽院では、学生をきめ細やかにサポートします。

■学校一般情報■
前身の音楽学校が1858年に創立されたアレッサンドリア音楽院は、伝統を大切にし、保守的となりがちな音楽院の中で、「必要に応じて授業内容を更新する」ことをためらいません。かつ、「学内での在籍期間中の教育」だけにとどまらない、ダイナミックでありながらも学習進度にまで配慮した、きめ細やかな教育を実施しています。このきめ細やかさがあるだけに、リスクの伴わない「更新・改革」を可能とさせています。学生の卒業後の進路を常に念頭に置きつつ、授業の量だけではなく質も大切と考える事からこうした理念が生まれました。
この教育方針は、授業以外にも生かされています。教師やインターンのサポートの下、学生オーケストラ、コーラス、室内楽などの音楽活動の企画および実施、イタリア国内外の音楽院や音楽大学と合同講義、最新の内容のマスタークラスの開講、一年もしくは数年に一度一般にも開放するコンサートやリサイタルの企画、実施など、学内にとどまらず、一般に向けて研鑽の成果を披露する機会を設け、学生の音楽学習がより充実したものとなるようにサポートしています。
成人向けコースはレベルI(修学期間3年間)、レベルII(修学期間2年間)の2コースとなり、ハープ・声楽・ピアノ・弦楽器・管楽器・ジャズなどの専攻別に、レベルIからIIへの道がそれぞれ続いております。留学生の受け入れにも積極的で、ヨーロッパの交換留学プログラムであるエラスムスに参加。また、ジョージア大学(USA)とも提携しています。
常に未来に視点をおき、新しい風を取り入れる学風の中、音楽活動へのサポートを充分に受けながら実力を伸ばしてみませんか。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■学校名■

アレッサンドリア音楽院"アントニオ・ヴィヴァルディ"
Conservatorio di Musica “Antonio Vivaldi” di Alessandria
■ジャンル■

クラシック、ジャズ、音響技術
■専攻■

木管楽器、金管楽器、弦楽器、ピアノ、ハープ、ギター、オルガン、チェンバロ、声楽、打楽器、作曲、ジャズ(ビッグバンド、ヴォーカル、器楽)、バロックヴァイオリン、指揮、音楽教育学、音響技術
■コース■

Triennio I Livello(レベルI)
Biennio II Livello(レベルII)
■入学時期■

---
■コース期間■

レベルI:3年間
レベルII:2年間
■オーディション■

あり
■入学資格■

レベルI:高校卒業資格、イタリア語
レベルII:レベルIディプロマまたは学士、イタリア語
■卒業後の取得資格■

ディプロマ
■料金■

レベルI
Triennio I Livello - 1° volta (初年度登録料・授業料):750ユーロ
Triennio I Livello(登録料・授業料):650ユーロ
レベルII
Biennio II Livello - 1° volta(初年度登録料・授業料):890ユーロ
Biennio II Livello(登録料・授業料):790ユーロ
■申込み締め切り■

6月23日
■その他■

ジョージア大学以外には、ゲント音楽院(ベルギー)、ハーグ王立音楽院(オランダ)、バルセロナ・オペラ(スペイン)、ウィーン「Totalen Theater」オペラカンパニー(オーストリア)、フラデツ・クラーロヴェー劇場(チェコ)など、またイタリア国内では、ジェノヴァ、マントヴァ、クーネオ、ラ・スペツィア、パルマ、トリノといった音楽院と提携しています。
(1)学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンまでご相談ください
(2)2011年6月現在情報。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。


電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽大学・音楽院・音楽専門学校への留学をアンドビジョンがフルサポート!

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター